ロボット教室の対象年齢は?小学生では難しくないのか?

ロボット教室の対象年齢は? 小学生では難しくないのか?


幼いときからロボット教室に子供を通わせることを希望する親御さんが増えています。

 

小学生くらいの子供にロボットについて勉強させて難しすぎないのだろうかと感じる人もいることでしょう。

 

ロボット教室の対象年齢はいくつからなのか、小学生でもついて行けるような授業内容なのかを調べてみたいと思います。

 

 

ロボット教室の対象年齢は

 

ロボット教室の対象年齢はコースや教室によって変わってきます。

 

例えば、ロボット工学について学ぶことが出来るほど本格的なコースを準備している教室では対象年齢が5才から中学生と幅広くなっています。

 

もちろん5才で学ぶことと中学生で学ぶことは違いますが、どんな年代でも楽しく学習出来るカリキュラムを準備しているというのは、教室の教える技術の高さを示していると言えるでしょう。

 

別の教室は小学生から高校生までを対象年齢としています。

 

最先端の教育理論であるコンストラクショニズムに基づいた指導をしており、どの年代の子供であっても体験を通して自然と科学を学んでいけるようになっています。

 

研究や開発のプロセスを子供のときから学べるようになっているのです。

 

民間のロボット先端技術を持っている企業とタイアップしているある教室は、対象年齢を小学生から中学生としています。

 

ロボットを一つの道具として考えており、そのロボットを使ってどのように社会に貢献していけるかを学ぶことが出来ます。

 

これからはロボットが介護の現場や接客業などで活躍するようになると言われていますので、ここの教室で学んだ子供が未来のロボットを開発するのかも知れません。

 

 

小学生でも難しくない?

 

ロボットに関することを小学生から学ばせるのは難しすぎるのではないかと感じる方もおられます。

 

しかし、各教室のカリキュラムは小学生であったとしても理解出来るようになっています。

 

幼くてもしっかりとロボットについて学べるように準備されているのです。

 

集中力が持続するように座学の時間を少なくしてほとんどの時間をものづくりに費やすようになっています。

 

ロボットを造りながら動力やモーター、そしてプログラミングについて自然と学べるようになっています。

 

マニュアルを見ながらロボットを組み立てていく必要もありますので、論理的な思考や発想力を鍛えることが出来ます。

 

先生たちの指導の仕方も説明型では無く、子供自身が答えを見つけていくように助けるサポート型なので、子供の自発心が育つようになっています。

 

講師たちはすでに大勢の子供たちに授業を行ってきているので、子供に分かるように説明するノウハウを持っているので安心です。

 

 

幼児向けの教室もあるって本当?

 

ほとんどのロボット教室の対象年齢は小学生以上ですが、幼児向けの教室というのは無いのでしょうか。

 

数は多くありませんが3才くらいから参加することが出来る教室があります。

 

カラフルなブロックを使いながら自分の思ったようなものを作っていきながら色々なことを学習出来るようになっています。

 

幼児からでもきちんとロボット教室につながる基礎を学べるようになっていて、子供の創造性を着実に引き延ばしていくことが出来ます。

 

ロボット教室の考え抜かれた教材を使いながら、小さな頃から問題解決能力を高めていけるようになっているのです。

 

年長くらいの年から参加出来る教室も増えてきていて、電子教材やブロックタイプのおもちゃを使って学べるようにもなっています。

 

講師たちは専門的な研修を受け厳しい試験をパスしてきたプロなので、どんな年齢の子供に対しても楽しく教えられます。

 

世界中から集められた教材で幼児たちが学んでいる姿は大きな可能性を感じさせてくれます。

 

 

まとめ

 

ロボット教室の対象年齢というのは基本的には小学生から中学生でした。

 

しかし、教室によっては幼児向けの教室も用意されていますので、気になった方は教室に気軽に尋ねてみてください。

 

教師では小学生であっても分かりやすくロボット工学などについて学べるため、もし専門的な技術を子供に身につけさせたいと思っているなら要チェックです。

 

小さな頃から発想力や問題解決能力を高めるような教育を提供していきたいですね。