ロボット教室に必要な費用は?月謝や教材費について

ロボット教室に必要な費用は?月謝や教材費について

 

日本では理数系の学生が少なくなっていることが懸念されていますが、ロボット教室の登場によってこの傾向が変わってくるかも知れません。

 

子供をロボット教室に入れて需要のある理数系に育てる事を考えている親御さんたちが増えています。

 

しかし、ロボット教室で習い事をさせるときに正直に言って気になるのは月謝でしょう。

 

一般的なロボット教室にかかる月謝や教材費についてまとめてみましたので参考にしてください。

 

 

月謝や教材費について

 

日本のロボット教室の平均的な月謝は1万円前後となっています。

 

しかしロボット教室の場合は入会費や教材費もさらにかかってくることを覚えておきたいと思います。

 

例えば、あるロボット教室の入会費は1万円で月謝は9000円となっています。

 

そこにテキスト代が500円かかってきたり、教材費が28500円かかってきたりします。

 

この教室は全国展開をしておりロボット教室の中でも親しみやすい値段設定となっています。

 

別の教室は入会費が2万円で月謝は14200円です。

 

それ以外に教材費がコースの前半期間だけで58400円かかり、後半期間は14000円かかります。

 

この教室の場合は本格的なロボットを最良のキットで作っていくので費用が高くなっています。

 

その授業は本格的な内容のために対象年齢が小学校3年生からと比較的高めです。

 

他の教室は入学金が16200円で月謝はコースによって違ってきます。

 

もし月二回のコースなら1万円で4回のコースなら16000円となっています。

 

さらに教室の運営費として毎月1500円が必要となります。

 

この教室は3Dプリンタなどを使った物作りを中心としたカリキュラムが人気となっている教室です。

 

 

無料体験授業できちんと確認

 

このように一般的なロボット教室の月謝や教材費を見ていくと他の習い事に比べて費用が比較的高めであることが分かります。

 

それで、ロボット教室選びで失敗しないために無料体験授業をきちんと受けておくのはとても大切です。

 

無料体験授業というのは1時間ほどの授業を受けることが出来るので、子供がどんなことを習うのかきちんと理解出来ます。

 

またスタッフが子供を教える技術や教室全体の雰囲気も知ることが出来るので安心です。

 

無料体験授業は学校側にとってもメリットがあります。

 

これから入ってくる子供がどれほどのスキルを持っているのかとか、どんなことに関心を持っているのかを知ることが出来るからです。

 

子供が入校してきたときにより良い教育を施していく助けとなるでしょう。

 

それぞれの教室ごとに得意分野が違いますし、重視していることも違ってきます。

 

ある程度の費用のかかるロボット教室の習い事を成功させるためにも、無料体験授業は活用しましょう。

 

 

月謝が高すぎる?

 

ロボット教室の月謝や教材費を見るとちょっと高すぎるのでは無いだろうかと感じるかも知れません。

 

しかしロボット教室では最先端のロボットキットやITソフトウェアを使っていきます。

 

またそれぞれの専門分野の講師を招いて授業を行うこともあります。

 

そういった点を考えるとそこまで高すぎるとは言えません。

 

しかも子供はロボット教室を通してただ単にロボット製作の知識を学ぶだけではありません。

 

クリエイティブなものを作り出していく感性を伸ばしたり、力学や動力の仕組みの深い知識を学んだりしていけるのです。

 

幼い頃からクリエイティブな感覚を持って表現する喜びを感じることが出来るなら未来に大きな可能性が広がります。

 

机の上で学んでもいまいちぴんとこない物理の知識も、ロボットを造りながらであればスッと理解することが出来るので、これからの勉強にも役立つことでしょう。

 

てこの原理や摩擦の力など高等教育で学ぶべきことを、小さなときからすでに学習できるというのは大きなメリットです。

 

 

まとめ

 

一般的なロボット教室の月謝や教材費を見ると教室によって意外と違うことに気がつかれたでしょう。

 

それだけ特色の違うロボット教室があるので、ぜひ無料体験できちんとその教室について知るようにしてくださいね。

 

授業の内容や授業から得られるメリットを考えると決して高くない費用ですので、ロボット教室を子供の習い事として検討してみるのもいいかもしれません。