一般的なロボット教室の受講回数と期間はどれくらいになるのか

一般的なロボット教室の受講回数と期間はどれくらいになるのか

一般的なロボット教室の受講回数と期間はどれくらいになるのか

 

 

受験対策として進学塾に行く一方で理系の脳を鍛えるためにロボット教室に子供を通わせる親御さんが増えています。

 

もし子供をロボット教室に入れると受講回数や入校期間はどれくらいになるのでしょうか。

 

理系の思考パターンを身につけるために十分な期間が設けられているのかどうかを調べてみましょう。

 

またロボット教室が設けている一般的な受講コースの種類も確認しておきましょう。

 

受講回数と期間はどれくらい?

 

一般的な受講期間は1年から1年半となっています。

 

月に2回クラスがある所もあれば4回クラスが開かれる教室もあります。

 

例えば、ある教室は幼児向けのクラスでは月に4回の授業を行っており、一回の授業は50分となっています。

 

授業内容は動物やレールのブロックを使って遊びながらテーマに沿って作品を作っていきます。

 

お話を聞いてその世界の中にあう作品をイメージして作ることを試したりもします。

 

科学的な知識を学ぶ小学生向けのクラスは月に4回の授業で一回の時間は50分です。

 

国際的に求められる理数系の知識を学べるような授業内容となっています。

 

手を使った創作活動に加えて、実際の作品をデジタル化する技術なども学んでいきます。

 

図形の論理構造やアルゴリズムさえも学んでいくので、月に4回の授業内容はてんこ盛りで内容の濃いものとなります。

 

専門的なロボット技術を学べる中学生向けのクラスは受講回数や時間が変則的となっています。

 

月に1回から3回ほど日曜日を使って教室が開かれ、一回の授業時間は3時間から4時間ほどとなります。

 

一般的なロボット教室は年齢に応じて授業回数や時間を変えているので、どの年代の子供でも退屈せずにロボットについて学べるでしょう。

 

それぞれの受講コースで学ぶこと

 

それぞれの教室は工夫を凝らしてカリキュラムを作っており、受講コースには色々な特色があります。

 

ロボット製作をしたりパソコンでプログラミングを行う授業があったり、モーターやセンサーの使い方を学ぶ授業があったりします。

 

ほとんどの授業で使われるのがマウス操作だけでプログラミングを学んでいけるツールです。

 

視覚的にプログラミングの構造を学ぶことが出来、どんな思考でプログラミングをしていったら良いのかを知ることが出来ます。

 

別のコースでは3Dプリンターやレーザーカッターを使ってデジタル工作をします。

 

ものづくりを通してオリジナリティの高い作品を作る能力を高め、工夫する力を鍛えていきます。

 

最新の立体プリンターを何種類か使って斬新な作品を作っていくこともします。

 

一般的には各コースに年齢ごとのレベルがあり、それぞれで受講回数や期間が違ってきます。

 

ロボット教室によっては月2回の授業にするか4回の授業にするか選べる所もありますので、自分の予算と子供の予定に合わせて決めるようにしましょう。

 

受講期間が長いと飽きるのではないか?

 

受講期間が1年だったり1年半だったりと長いので子供が途中で飽きてしまうのではないかと考えることがあるかも知れません。

 

ロボット教室は今までに多くの子供たちを教えてきた実績と経験がありますので、年間を通して子供たちが意欲的に学べるカリキュラムを作っています。

 

座学でロボットのパーツの名前を覚えたり道具の使い方を学んだりすることはほとんど無く、ほとんどのクラスが体験型の授業となっています。

 

そのために子供はいつも手を動かし、頭を働かせてロボットを作っていかなければなりません。

 

一回の授業の50分はあっという間に終わってしまい、次の授業が待ち遠しくなります。

 

そのようにしているとすぐに1年は経ってしまうのです。

 

まとめ

 

ロボット教室の基本的な受講回数は月に2回から4回でした。

 

受講期間は1年くらいが平均的と言えるでしょう。

 

プログラミング的な思考や理数系の思考を養っていくには、1年や1年半という長い期間にわたって勉強し続けることが大切です。

 

一般的なロボット教室の受講期間というのは子供がロボット技術をきちんと習得するのにちょうど良い期間だと考えられるでしょう。